スポンサードリンク


2021年09月06日

天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 大浴場【2019年オープン!ドーミーインチェーンの黒湯(*‘∀‘)デイユースプラン2900円〜】

IMG_6094.JPG

浅草花やしきの目の前にある都内初のドーミーイン和風ホテルの大浴場を紹介します。最大8時間までの日帰りデイユースプランもあります。2900円〜。

時間:15:00〜翌10:00
(サウナのみ深夜1:00〜早朝5:00は利用休止)

IMG_5940



入り口。

IMG_5942



タオルフリー。

IMG_5939


アイスサービス。


IMG_5993


朝にはおなかにエールが提供される。

IMG_5944.JPG

脱衣場。

IMG_5948.JPG

内風呂。

IMG_5972.JPG

壺風呂。

IMG_5946.JPG

洗い場。

IMG_5978.JPG


冷やしシャンプー。


IMG_5953.JPG


水風呂。

IMG_5975.JPG


IMG_5974.JPG


テレビ付きサウナ。


天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 宿泊レポート⇒こちら
天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 夜食レポート⇒こちら
天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 朝食バイキングレポート⇒こちら






総論: 2019年7月にオープンしたドーミーイン系列のホテル。格安なんだけどドーミーイン系列の上位クラスホテルとしての位置づけなのか、様々なサービスがドーミーインの上位互換となっている。ドーミーインは言わずと知れたサウナーご用達のホテル。タイマー、テレビ完備で当然のようにサウナは充実していたが、水風呂は壺風呂となっており1人しか利用できなかったのはマイナスポイント。
それと露天風呂がない。これはドーミーイン系列のホテルでは珍しい。温泉がどこから湧いたのか詳細が不明なのも気になった。ここに限らず源泉名を明らかにせずに温泉をうたっているビジネスホテルがいくつかあるけど、浅草で黒湯というのはピンとこないので蒲田あたりの運び湯なんだろうと思う。それにしても、温泉の詳細を明らかにしないで入湯税を取られたのは腑に落ちない。
今のところ、運び湯で入浴した場合は入湯税を取らないパターンが多い。が、ごくまれに入湯税を徴収するホテルがある。入湯税に関する法整備が進んでいないからグレーゾーンなんでしょうね。その気になれば、1リットル混ぜたら温泉とかバスクリンみたいなもので温泉とかいくらでもやれそうだ。まぁ、このホテルの黒湯は完成度が高かったので、あまり深く追及はしないけど。



総合:★★★★☆ 浅草でかなり珍しい温泉付きホテル。ホテルのサービスも充実している
安さ:★☆☆☆☆ デイユース利用2900円〜
泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉。源泉の詳細不明。どこかの運び湯かと思われる
種類:★★☆☆☆ 内風呂、壺風呂、サウナ、水風呂
サウナ:★★★★☆ 男性ドライサウナ、女性ミストサウナ。水風呂とタイマー、テレビ完備。水風呂が1人用の壺風呂
魅力:サウナ。黒湯







天然温泉 凌雲の湯 御宿野乃 浅草(ドーミーイン・御宿野乃 ホテルズグループ)




【関連する記事】
posted by 健康ランド馬鹿一代 at 21:47| Comment(0) | 東京(23区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク