スポンサードリンク


2018年07月30日

奥日光湯元温泉 湯守釜屋【エメラルドグリーンの温泉(^^)/1000円なり】

IMG_1236.JPG


奥日光のおおるり山荘に宿泊したんだけど、近くに日帰り温泉施設がないかと検索したら、ホテルのすぐ近くにある奥日光湯元温泉 湯守釜屋の情報が目に入った。ホームページみるとなかなかよさげ。ここに決めた。

日帰り入浴は10:30〜20:00。大人1000円。


IMG_1203.JPG

スマホのナビを頼りにして到着。

IMG_1205.JPG

何じゃこの廃墟・・・・。

IMG_1204.JPG

案内図が張られている。ここは旧館の出入り口で現在は閉鎖されているようだ。

IMG_1206.JPG

IMG_1239.JPG

おおるり山荘が見える。おおるり山荘裏手の道路。

IMG_1208.JPG

入口。

IMG_1209.JPG

受付。

IMG_1210.JPG

料金表。

IMG_1211.JPG

土産物屋。

IMG_1232.JPG

アルコール自販機。


IMG_1213.JPG

大浴場入口。


IMG_1214.JPG

IMG_1215.JPG

脱衣場。ゲッ。ロッカーならびに貴重品ロッカー内・・・。誰もいないし、浴場と脱衣場は、幸いガラスで仕切られている。浴槽から脱衣場が見えるので、貴重品を常に監視しながら風呂に入りました。落ち着かない・・・。

IMG_1216.JPG

洗面台。

IMG_1218.JPG

IMG_1217.JPG

内風呂は浴槽が2つ。

IMG_1222.JPG



近いだけあっておおるり山荘の露天風呂と似た泉質。

IMG_1219.JPG


洗い場。カビっぽく見える色彩の椅子・・・。たまに見かけるけど、この椅子をチョイスする意味がイマイチ理解できない。

IMG_1221.JPG

馬油シャンプーと柿渋ボディーソープ。なかなかの選択眼をもっているのに、なんであの椅子かな?

IMG_1223.JPG

IMG_1224.JPG

総論:湯の平湿原にある源泉場に自噴する硫黄泉を引湯。全ての浴槽のお湯が源泉掛け流しとなっていて上質の硫黄泉を堪能できる。おおるり山荘の露天風呂と泉質は同じだと思うけど、おおるり山荘500円に比べてその倍近くかかるのがネック。源泉75.1度と高めなので湯も温度が高い。シャンプーの質はおおるり山荘よりも湯守釜屋に分がある。



総合:★★★☆☆ 泉質は良いけど、日帰りだと少々値段が高め。脱衣所にロッカーがないのはマイナス・・・。「フロントで貴重品をお預かりいたします」との事
安さ:★★☆☆☆ 高め
泉質:★★★★★ 乳白色がかかったエメラルドグリーンの温泉。含硫黄 - カルシウム・ナトリウム - 硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)(中性低張性高温泉)、pH6.5。おおるり山荘の露天と同じ泉質
種類:★☆☆☆☆ 内風呂、露天風呂
魅力:柿渋ボディーソープ。泉質の良さ




【関連する記事】
posted by 健康ランド馬鹿一代 at 18:00| Comment(0) | 栃木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク