スポンサードリンク


2018年08月30日

喜連川温泉の第2温泉浴場 露天風呂【300円なり】

IMG_2570.JPG

栃木県さくら市にある日本三大美肌の湯「喜連川(きつれがわ)温泉」の第2温泉浴場 露天風呂へ行ってきたので紹介します。ここは露天風呂オンリー。洗い場の湯は温泉なのでこれで髪を洗うとゴワゴワになるから注意するように言われた。


IMG_2724.JPG

午前8時〜午後9時 (12月〜2月 午前9時〜午後9時)
入浴料:一般(中学生以上)300円 小学生150円 乳幼児(未就学児)無料
休業日 毎月第2月曜日



IMG_2569.JPG

IMG_2571.JPG

IMG_2572.JPG

IMG_2573.JPG

それにしても露天風呂の周囲の廃墟はなんだ? これを放置しているなんて信じられない。

IMG_2574.JPG

平成元年にオープン。

IMG_2575.JPG

髪の毛は洗えない。

IMG_2577.JPG

券売機。

IMG_2579.JPG

銭湯のように男湯と女湯のドアの中間に受付がある。

IMG_2578.JPG


ロッカー。100円は戻る。

総論:露天風呂だけの共同浴場。洗い場も申し訳程度で髪は洗えない。休憩室もなく長居する場所がない。岩でできた露天風呂は地元民で賑わっている感じ。温泉も強力でかなり湯の温度が熱い。茶色の塩化物泉は油臭が漂う。300円でこの泉質はなかなか。アトピー性皮膚炎に特に利くらしい。カランは6つあり、石鹸がある。洗い場の湯は温泉しか出ない。髪が洗えないので注意。


総合:★★★★☆ 周囲が廃墟なのに面食らう。なんでこれを放置しているんだか・・。ともかく泉質は抜群で体験する価値は大ですね
安さ:★★★★★ 安っ
泉質:★★★★☆ 喜連川温泉。アブラ臭(石油みたいな臭い)がするナトリウム-塩化物泉がかけ流し。熱いので長湯に不向き。源泉掛け流しで硫黄、塩分、鉄分の3要素が含まれている珍しい泉質
種類:★☆☆☆☆ 露天風呂
魅力:300円という値段の安さ。泉質の良さ





【関連する記事】
posted by 健康ランド馬鹿一代 at 17:52| Comment(0) | 栃木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク