スポンサードリンク


2018年07月19日

休暇村嬬恋鹿沢 鹿沢温泉雲井の湯【日帰り入浴720円なり】

IMG_9801.JPG

休暇村嬬恋鹿沢に宿泊してきたので、大浴場を紹介します。日帰り入浴もおこなっていて大人720円です。

日帰り入浴:営業時間 12:00〜20:00
※土曜日・繁忙期などは12:00〜15:00

大人720円 小人(4歳以上)410円



IMG_0063.JPG

深夜時間は利用できない。

IMG_9879.JPG

大浴場入口。

IMG_9823.JPG

脱衣ロッカー。

IMG_9830.JPG

貴重品ロッカー。

IMG_9831.JPG

洗面台。

IMG_9832.JPG

嬬恋村の水。


IMG_9846.JPG

温泉成分表。

IMG_9839.JPG

浴槽の案内。

IMG_9835.JPG

雲井の湯縁起。

IMG_9833.JPG

IMG_9826.JPG

内風呂。


IMG_0055.JPG

洗い場。

IMG_9836.JPG

シャンプー類。


IMG_0057.JPG

露天風呂。

IMG_0058.JPG

露天風呂の眼前に広がる庭。

IMG_9838.JPG

前日宿泊者は360円で利用可能。

休暇村嬬恋鹿沢 夕食バイキングレポート⇒こちら
休暇村嬬恋鹿沢 朝食バイキングレポート⇒こちら
休暇村嬬恋鹿沢 宿泊レポート⇒こちら



総論:古くから湯治場として親しまれてきた。神経痛や疲労回復、切り傷などに効能があり、効き目を聞きつけて山道を通って訪れる人が絶えなかったという温泉らしい。残念ながら、この地は大正七年に大火に見舞われ、「紅葉館」のみを残し温泉街は壊滅。当時の共同浴場は、王湯、滝ノ湯、千代ノ湯、雲井乃湯、竜宮ノ湯とあり、「雲井乃湯」から源泉を引いてきているので嬬恋鹿沢休暇村の温泉も『雲井の湯』と名乗っているそうな。

期待はしたが、泉質はそれほどとは感じなかった。内風呂は、四角い方が温泉で広いほうが真湯。当然四角い方が人気があるんだけど、狭いのが難。露天風呂は源泉かけ流しですが、小さめです。
相当巨大なオートキャンプ場に隣接しているので、オートキャンプの温泉としての利用もアリですね。この温泉は、雑誌「温泉博士」で無料の温泉手形として紹介されることも多いです。


総合:★★★☆☆ 思った以上にコンパクトな設計。利用する時間によって貸切状態で利用できる。源泉風呂が狭いのが難。湯が熱めなのは個人的に好き
安さ:★★★☆☆ 普通
泉質:★★★☆☆ 微黄褐色のマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩温泉
種類:★☆☆☆☆ 内風呂、露天風呂
魅力:露天風呂の眼前に広がる庭






【関連する記事】
posted by 健康ランド馬鹿一代 at 18:00| Comment(0) | 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク