スポンサードリンク


2018年02月19日

箱根湯本温泉 天成園 23H【宿泊も可能('ω')日帰り入浴2,484円(税込)】

IMG_3121.JPG

神奈川にある24時間(22〜24時間)営業の健康ランドを全部利用制覇したつもりになっていたのですが、まだいくつかあったみたいで箱根湯本温泉 天成園もその1つ。ホテルがメインで、大浴場はホテル併設の大浴場という感じになっています。日帰り料金は2,484円(税込)と高額。万葉グループに買収されているので高額なのも仕方ないか。万葉グループは私にとって鬼門。高額で苦手なんですよね・・・。ちなみに宿泊する場合は深夜料金1500円を払えば可能となっています。

日曜限定の日帰り入浴+ランチバイキングプラン3780円を利用しました。通常なら入館料2,484円+ランチバイキング2,808円=5,292円です。

IMG_3120.JPG

IMG_2970.JPG

IMG_2969.JPG

駐車場もでかく立体駐車場となっている。滞在は5時間まで無料。以後有料となっている。こんだけでかい駐車場なのにかなり厳しい設定。入館料も高いんだから無料にして欲しい。

IMG_3124.JPG


IMG_2971.JPG

通路。

IMG_2976.JPG

浴衣はセルフで。

IMG_3114.JPG

女性用の浴衣はカラフル。

IMG_3115.JPG

ロビー。

IMG_3117.JPG

ペッパー君。

IMG_3113.JPG

土産物屋。

IMG_3110.JPG

アンケート調査でランキング1位を獲得したとのこと。なんの基準?

IMG_2974.JPG

ランチバイキング2600円。ランチで2600円。高いわ( ゚Д゚)。流石万葉グループといったところ。利用してみたんだけど高いクオリティーで満足しましたよ。それにしてもこんなに高額なのに施設にもバイキングにも客であふれかえっているのは不思議。万葉グループって宣伝とマーケティングが相当上手なんじゃないかと感心する。場合によっては、そうじゃないところもあるけど。よくわからないけど、温泉ランキング1位を獲得しているというのも宣伝とマーケティングの一環かもしれない。


IMG_3031.JPG

フロアガイド。

IMG_3112.JPG

小さなゲームセンター。

IMG_2977.JPG

外から入れるコンビニ。

ホテルの外が庭園になっているので散歩。

IMG_2980.JPG

IMG_2981.JPG

錦鯉。

IMG_2979.JPG

IMG_2983.JPG

IMG_2984.JPG

IMG_2987.JPG

インスタ用貞子の井戸。

IMG_2988.JPG

顔入れ。

IMG_2989.JPG

IMG_2991.JPG

足湯。

IMG_2992.JPG

タオルもある。

IMG_2993.JPG

IMG_2994.JPG

IMG_2995.JPG

IMG_2996.JPG

玉だれの滝。

IMG_2997.JPG

IMG_2998.JPG

玉だれ神社。

IMG_3003.JPG

飛えんの滝。

IMG_3004.JPG

売店。

IMG_3005.JPG

IMG_3006.JPG

盆栽みたいのが売られている。

IMG_3007.JPG

鯉の餌。

IMG_3010.JPG

なかなか充実した庭園ですね。

IMG_3037.JPG

大浴場に行ってみましょう。

IMG_3020.JPG

ロッカー。

IMG_3012.JPG

IMG_3013.JPG

内風呂。

IMG_3014.JPG

サウナ。

IMG_3015.JPG

IMG_3016.JPG

露天風呂。まわりから丸見えのような気が・・・。

IMG_3017.JPG

ここだけ源泉かけ流し。

IMG_3019.JPG

IMG_3018.JPG

内風呂、露天風呂ともに清潔感があっていい。

IMG_3021.JPG

IMG_3023.JPG

IMG_3026.JPG

ソファールーム。

IMG_3029.JPG

IMG_3030.JPG

マッサージルーム。

IMG_3032.JPG

休憩所。

IMG_3103.JPG

万葉倶楽部のトイレはこれだった・・・。となりのちん〇丸見えなんですよね・・・。

IMG_3033.JPG

食堂。

IMG_3106.JPG

IMG_3034.JPG

IMG_3036.JPG

IMG_3035.JPG

エレベーターに貼られていた温泉番付。いったい何を基準にしているのかわからないなぁ・・・。ここと同格の前頭となっているサンバレー那須だけど、施設の規模も大きいし3つの超個性的な源泉が楽しめ泉質も数段上。同格というのも無理がある。それと万座プリンスホテルが入っていて、万座プリンスをパワーアップさせたような万座高原ホテルや火山の景色で極上の温泉につかれる万座ホテル聚楽が入っていないというのもなぁ・・・。

どうでもいいけど、伊東園ホテル箱根湯本の湯は番付に載るほどかなぁ? それを言い出したらここもそうなんだけどね・。横浜みなとみらい万葉倶楽部に至っては言語道断。ただの運び湯じゃん・・・。現地で沸いている温泉じゃないしここだけ反則じゃねえの?とツッコミだすとキリがないので辞めておきますw アンケートなのでいろんな力学が働いているんでしょうな。にしてもこれを企画したビッグローブ温泉のスタッフは万葉倶楽部といえば運び湯ぐらいの当たり前な基礎知識ないんでしょうかね?

IMG_3109.JPG




IMG_3116.JPG

利用すると500円割引券が無料でもらえるけど、それでも高い気がするなぁ。

IMG_2999.JPG

人間慣れしているアヒルに癒される。



箱根湯本温泉 天成園 ランチバイキングレポート⇒こちら

24時間営業の健康ランド⇒こちら



総論:ホテルに併設された大浴場が23時間営業の健康ランドとして開放されている感じです。ソファールームに席が多数用意されているので宿泊には問題ない。ホテル周囲の周囲の滝や池の鯉が見もの。相当古いホテルだが、万葉グループに買収されて、大浴場をはじめとする施設が綺麗にリニューアルされているのは好感触。ランチバイキング2600円は老舗観光ホテルの夕食バイキング並みの豪華さ。日曜限定の日帰り入浴+ランチバイキングプラン3780円(税込)。通常入館料2,484円(税込)+ランチバイキング2,808円(税込)=5,292円(税込)なので、日曜に入浴と食事を利用する場合、そっちの方がお得です。得と言えるような値段じゃないんだけど。万葉グループの価格基準からいえば安く感じるから不思議。



総合:★★★☆☆ 入館料が2,484円(税込)と高額なんだけど大勢の人で賑わっている。高額にもかかわらず繁盛しているのは、マーケティングに長けた万葉グループならでは。大浴場は広く、露天風呂は開放感がある。娯楽施設は大したことない
安さ:★☆☆☆☆ 超高い。深夜0時以降利用の場合は深夜料金(大人1,500円/子供・幼児900円、いずれも税別)が加算。駐車場は5時間まで無料。宿泊施設として利用すると価格はまあまあかな
泉質:★★★☆☆ アルカリ性単純温泉
種類:★★☆☆☆ 内風呂、「屋上天空大露天風呂」は、長さ約17メートルものスケール。露天風呂にある円形の石風呂は、源泉掛け流し、寝湯ジェットバス、高温サウナ、ミストサウナ、水風呂
サウナ:★★★★☆ テレビ付き高温サウナ、ミストサウナ。水風呂あり
魅力:ホテル周辺の鯉とアヒルと滝。豪華ランチバイキング。清潔な大浴場





【関連する記事】
posted by 健康ランド馬鹿一代 at 18:00| Comment(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク